スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
あきちゃんに出会うまで~後編~
- 2006/12/14(Thu) -
<前回までのあらすじ>
動物大好きな女一匹は運命のうさぎを探し求め、彷徨っていました。
とあるペットショップで一匹はついに運命の仔うさぎに出会います。
キュートな仔うさぎに運命を感じてしまった一匹が取った行動とは!?

<本編>
s-kouhen1.jpg
初めてあきちゃんに会った時、あきちゃんはちょうど水を飲んでるところでした。
小さな口で水をくぴくぴ飲む姿は本当に可愛くて、一目惚れしてしまいました。
いろんなペットショップを回って、いろんなうさぎさんを見てきたけど
「この子だ!」って思ったのは初めてでした。
そして、あきちゃんに会った10秒後にはペットショップの店員さんに
「あの茶色いホーランドロップの子が欲しいんです!」と話しかけてました。

s-kouhen2.jpg
「この子、すごく人懐っこいんですよ」
そう言いながら店員さんはあきちゃんをケージから出して私に抱っこさせてくれました。
「この子は女の子ですね」
って言われた時「えっ女の子? 私の希望は男の子・・・」とちらっと思ったけど
男の子でも女の子でも構わないから、やっぱりこの子が飼いたいと思いました。
たった一目見ただけなのに、あきちゃんのことがすごく気に入ってしまいました。

もう引渡しができる状態だったので、すぐに家に連れて帰ることにしました。

s-kouhen3.jpg
そして、私とあきちゃんの、一匹と一羽の生活が始まりました。
秋生まれで秋らしい色合いの毛並みだったので「あきちゃん」と名づけました。

s-kouhen4.jpg
それにしても家に連れて帰って1~2週間くらいは結構大変だったような気がします。
確かに人懐っこい子だけど、些細な物音にすごく敏感で、繊細で、しかもケージの外に出すたびおもらしをする。
想像以上にやんちゃで部屋を走り回っては飼い主のベッドの上に飛び乗る。
いくら飼育書を読んで知識を得ていても、実際に飼うと想像以上のことが多くて最初の頃は驚くことばかりでしたね。

s-kouhen5.jpg
もともと男の子を飼いたいと思ってた私が女の子でもいいからこの子を飼いたい、と思ったり
なかなか理想のうさぎさんに会えなかったのに
あの日たまたま行ったペットショップで出会えたり、
やっぱりあきちゃんとなんらかの「縁」があったんじゃないかなと思ってます。
あきちゃんがうちに来てから毎日すごく楽しいし充実してます。

あきちゃんに出会えてよかったよ。

あきちゃんはどうかな? うちに来てよかったかな? 


s-kouhen6.jpg
当たり前のことだけどあきちゃんは人間の言葉を話せないし、あまり鳴かないので
何を考えているのか幸せなのかどうかもよく分かりません。
だけど、あきちゃんが「このうちに来てよかった」って思えるように
毎日いろんなことに気をつけてあきちゃんの世話をしています。

リラックマにチュウ。

うさぎの寿命は長くて10年くらい。(平均で7年くらいだそうです)
いつかはあきちゃんと会えなくなる日が来るけど、それまで少しでも長く一緒にいられたらいいなと思ってます。
うちに来てくれてありがとうね、あきちゃん。
これからも元気でよく食べてよく寝てよく遊んで、長生きしてね。

blogランキングバナー。
今日のrankingは何位?
にほんブログ村 うさぎブログへ
ぽちっと応援クリックお願い致します。


スポンサーサイト
この記事のURL | あきちゃんに出会うまで。 | CM(7) | TB(0) | ▲ top
あきちゃんに出会うまで~前編~
- 2006/12/13(Wed) -
<前回までのあらすじ>
あるところに動物大好きな女一匹とペレット大好きな仔うさぎが一羽いました。
今日はそんな一匹と一羽が出会って一緒に暮らし始めるまでの話を致します。

<本編>
仔うさぎを飼おうと決めたのは今年の10月中旬のこと。
もともと動物が好きで、うさ飼いさんのブログをよく見てたけど
「うさぎさんは繊細だし、飼うのが大変そう」と思っていたのでずっと二の足を踏んでいました。

でも今年の10月頃にうさぎを飼ってる人と知り合い、うさぎの可愛さを教えてもらった私はますますうさぎファンになりました。
「やっぱり私もうさぎを飼ってみたい」
そう思った私は自分でもいろいろ調べて、うさぎを飼ってみようと心に決めたのです。

でも、そう決めてからすぐにあきちゃんに出会えたわけじゃありません。

11月8日撮影。
うさぎを飼おうと決めた当初、私の希望のうさぎさんは「ホーランドロップの男の子」でした。
垂れた耳も可愛いし、人懐こくて温厚な性格をしたホーランドロップの子がいいなと思ってました。
そして「どんな動物でも男の子のほうがおっとりした性格で人に懐きやすい」と聞いたので
もし飼うなら男の子を選ぼうと思っていました。


11月17日撮影。
いろんなペットショップを回って先にケージや必需品一式を揃えてみたけど
「ホーランドロップの仔うさぎ」を置いてるところは少なく
なかなか「この子がいい!」と思える仔うさぎちゃんに会えませんでした。

「近くのペットショップには希望のうさぎさんがいないし、
こうなったらちょっと遠くてもいいから運命のうさぎさんを探しに行こうか?」
そう思った私は電車に乗って、ブリーダーさんが経営してるうさぎ専門店まで行ってみました。


11月17日撮影。
そのお店には、私の希望通りのホーランドロップの男の子がいました。


11月30日撮影。
抱っこもさせてもらって、「この子を飼いたいなぁ」と思ったけど
まだ引渡しできる状態じゃなかったのでその日はとりあえず家に帰りました。
そして、同じ日にたまたま近くのペットショップに行ってみたら
そこに茶色より淡い毛色をした、可愛いホーランドロップの赤ちゃんうさぎがいたんです。

11月31日撮影。
その子が、あきちゃんでした。


話が長くなりそうなので次回につづく。

<次回予告>
キュートな仔うさぎに出会った女一匹が取った行動とは!?
今、運命の荒波が一匹と一羽を飲み込もうとしていました。(←意味不明の昼ドラ風予告)
次回、波乱万丈の後編をあまり期待せずにお待ちください。

blogランキングバナー。
今日のrankingは何位?
にほんブログ村 うさぎブログへ
ぽちっと応援クリックお願い致します。

この記事のURL | あきちゃんに出会うまで。 | CM(2) | TB(1) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。